Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

1月の月例セキュリティパッチは2件 - マイクロソフト

マイクロソフトは、2008年1月に公開を予定している定例セキュリティ更新プログラムの事前予告を行った。

1月は、深刻度が「緊急」「重要」とされる脆弱性がそれぞれ1件ずつ、合計2件の更新プログラムが1月9日に配信される予定で、いずれもWindowsの脆弱性を解消する。

「緊急」とされる脆弱性は、攻撃を受けた場合にリモートでコードが実行される可能性があり、「重要」とされるものは、特権の昇格が発生するおそれがある。

マイクロソフトセキュリティ情報の事前通知
http://www.microsoft.com/japan/technet/security/bulletin/ms08-jan.mspx

マイクロソフト
http://www.microsoft.com/japan/

(Security NEXT - 2008/01/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

アメックス装うフィッシングに注意 - 約39万円の利用額で不安煽る
メール誤送信で保護者の一部メアドが流出 - 都保育園委託先
攻撃プランを自動生成する脆弱性評価用の模擬攻撃ツール - OSSで公開
利用者や獣医師の個人情報が流出、パスワードも - 犬猫寄生虫情報サイト
コロナ禍2度目の夏期休暇 - パッチチューズデーと重なるおそれも
Google、「Chrome 92.0.4515.131」をリリース - 10件のセキュリティ修正
「Kubernetes」環境のセキュリティ堅牢化を - 米政府がガイダンス
国内外サーバ36台を侵害か、外部データ送信の痕跡も - 川崎重工
グループウェア「サイボウズGaroon」に複数の脆弱性
「GUARDIANWALL」に添付ファイルのダウンロードリンク化機能