Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

12月の月例パッチに不具合、MSが修正パッチを提供へ

マイクロソフトは、12月12日に提供を開始したセキュリティ更新プログラムに不具合があったとして、問題を修正する更新プログラムの配布を開始した。

同社では、12日に深刻度を「緊急」として、IEの累積的な問題を解決するセキュリティ更新プログラムの公開を開始しているが、Windows XP SP2でInternet Explorer 6を使用する環境へ同プログラムを適用した場合、異常終了する不具合が発生することから、修正プログラムを用意し、提供を開始した。

l更新プログラムは、Windows Updateや同社ウェブサイトより入手することができる。

Update for Internet Explorer for Windows XP Service Pack 2 (KB946627)
http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?displaylang=ja&FamilyID=cc096493-367d-4d28-80ab-2a70139ae839

マイクロソフト
http://www.microsoft.com/japan/

(Security NEXT - 2007/12/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

職業訓練生が教室に置き去られた名簿をスマホ撮影 - 群馬県
公開資料の個人情報、墨塗りするもはずせる状態 - 琉球大
関連機関サイトに不正アクセス、CMSに不正プラグイン - 富山県立大
宣伝会議、不祥事ランキングを公表 - 求められる迅速な誠意ある対応
ビルシステムのセキュリティ対策カタログをリリース - CSSC
WP向けプラグイン「WP User Frontend」に深刻な脆弱性 - PoC公開済み
共同利用対象外の個人情報をグループDBに誤送信 - JFRカード
中学校教諭が車上荒らし被害、個人情報が盗難 - 習志野市
研究者狙うサイバー攻撃、講演や取材の依頼を偽装
「Apache DolphinScheduler」にコードインジェクションの脆弱性