Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

顧客情報488人分を含む書類が盗難被害 - 富士火災海上

富士火災海上保険は、千葉支店において顧客情報が記載された帳票を鞄ごと盗まれたと発表した。一部顧客に関しては、口座情報も含まれるという。

盗難被害に遭ったのは、保険満期の一覧表や保険申込書の担当者控え。顧客488人の氏名、住所、電話番号、保険契約内容などが記載されていた。そのうち34人については口座情報も含まれる。

12月7日夜に営業職員が業務終了後、同支店に隣接する駐車場に鞄ごと書類を置き忘れ、何者かに持ち去られたという。同社では、関連する顧客に対して事情を説明、警察に被害届を提出した。

(Security NEXT - 2007/12/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Zohoのアクセス関連製品に複数のSQLi脆弱性
「BIGLOBE」に見せかけ、請求メールに見せかけたフィッシング攻撃
受託事業者がメール誤送信、児童支援事業登録者のメアド流出 - 大阪府
支店で本人確認書類が所在不明に - 北海道労金
ID管理製品「Atlassian Crowd」に深刻な脆弱性
コロナ発生届を誤送信、FAX番号登録ミスで - 菊川市立総合病院
オープンソースの検索エンジン「OpenSearch」に脆弱性
米政府、ソフトウェアサプライチェーン保護のガイダンスを公開
「Chrome」にセキュリティアップデート - ゼロデイ脆弱性を修正
パスロジ、ファイル送受信用の暗号化サービス - 個人は無料