Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ファイル交換ソフトによる情報漏洩で職員を処分 - 青森県

青森県は、県職員が個人情報を流出させた問題で、関連する職員について処分を行った。

同県健康福祉部の職員が個人情報を自宅に持ち帰り、外部に流出したもの。職員宅のパソコンにはファイル交換ソフト「Share」がインストールされており、11月に個人情報の流出が発覚。同県は職員を訓告処分とした。

(Security NEXT - 2007/12/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

教員がメール転送ミス、約10カ月にわたり無関係のアドレスへ - 埼大
NCA、CSIRTが集う年次イベントを開催 - 非加盟でもオンライン参加可能
「Movable Type」に複数の脆弱性 - アップデートで修正
セキュ人材採用、日本は実務経験を重視 - キャリアパス提供は他国の半数以下
政府委託事業の旧ドメインを第三者が取得 - 偽サイトで外部誘導
ワコムのネットショップで個人情報流出の可能性 - クレカ情報の窃取も
eポートフォリオ「Mahara」に深刻な脆弱性 - アップデートの適用を
ビデオ会議「Zoom」のクライアントやインストーラに脆弱性
メール誤送信、移住相談関係者のメアド流出 - 南砺市
脆弱性診断の利用者向けに「サイトシール」を提供 - GMO