Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

個人情報保護法ガイドライン改正案に委託先の監督強化盛り込む - 経産省

経済産業省は、経済産業分野における個人情報保護法ガイドラインの改正案を取りまとめ、パブリックコメントを開始した。

個人情報を委託し、その委託先から外部へ漏洩する事件が多発していていることを受け、今回の改正案では、委託先の選定や監督強化に関する条項を追加した。

具体的には、委託先に対して業務内容とは関係ない個人データの委託を禁止した。また努力目標として、委託先の選定にあたり、個人情報保護法に定める水準に達していることの確認や評価の実施するよう、改正された。

さらに、委託先における個人データの取り扱い状況の把握や、取り扱い状況について契約に盛り込むことなどを明記。二次被害が発生するおそれのある個人データの委託については、より高い水準での運用を求めている。

改正案に対する意見は、郵送やファックス、電子メールで受け付ける。提出期限は2008年1月17日。同省では、パブリックコメントの結果を踏まえ、2月に改正を行う見込み。

(Security NEXT - 2007/12/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

サプライチェーンのセキュリティ評価サービスを機能強化 - NRIセキュア
「baserCMS」の管理画面に複数の脆弱性 - アップデートで修正
Gmailメアドをスペルミス、個人情報が流出 - 京都市立芸術大
ゲーム利用者の約4割が複数ゲームアカウントでパスワードを使いまわし
入国者健康確認システムで不具合、他申請者からパスポートなど閲覧可能に
複数職員が個人メアドに資料送付、スペルミスで第三者へ - 新潟県
アジア太平洋地域の若年層対象イベント「GCC 2022 Online」、2022年1月に開催
パナソニックのサーバにサイバー攻撃 - 6月以降複数回にわたり
KDDIを偽装し、「料金未払い」などとだますSMSに注意 - 支払方法の指定が「iTunesギフトカード」
初期侵入「総当たり攻撃」と「脆弱性攻撃」で6割超 - カスペ調査