Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

大学センター試験が一部問題を差し替え - 持ち出した資料の盗難で

大学入試センターは、盗難によりセンター試験の資料を紛失したとして、問題を差し替えると発表した。

2008年1月に実施を予定している2008年度の入試センター試験の問題作成者が、資料を保存していた私用パソコンを何者かに盗まれたもの。盗まれた資料は、試験問題を検討するため1年以上前に作成されたもので、実際の試験内容とは異なるという。

被害に遭ったパソコンは、パスワードが設定されており、流出の報告は受けていないが、同センターでは、流出した場合に試験問題を推測できる可能性があることから、差し替えを実施する。今回の差し替えにあたり、センター試験の日程などへ影響はないと説明している。

同センターでは、試験に関連する資料について持ち出しを禁止していた。今回の事故の責任を取るとして、理事長が給与の一部を返納するという。

(Security NEXT - 2007/12/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

修学旅行のテーマパーク内で県立高の生徒情報を紛失 - 埼玉県
庁内資料を持ち出して店舗で誤廃棄、職員を処分 - 川崎市
支店で本人確認書類が所在不明に - 北海道労金
組織の決裁なしに公文書施行、職員を懲戒免職 - 群馬県
授受の過程で介護保険関連書類が所在不明に - 川崎市
高等看護学院で試験の答案用紙が所在不明に - 埼玉県
政府受託調査で個人情報含むメディアなど紛失 - アジア航測
交付前のマイナンバーカードが所在不明に - 四街道市
患者情報含むデジカメ記録メディアの紛失事故2件が発生 - 東海大病院
市立小2校で児童の画像含むタブレットが所在不明 - 仙台市