Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「@SOLAショップ」の個人情報流出問題で丸紅インフォが調査報告 - システムや顧客情報は廃棄へ

ショッピングサイト「@SOLAショップ」が不正アクセスを受け、個人情報が漏洩した問題で、同サイトを運営する丸紅インフォテックは、調査結果を公表した。

問題の事件は、同社オンラインショップ「@SOLAショップ」が2年にわたり、外部より不正アクセスを受けていたもので、2007年10月に個人情報約1万3000件の流出を公表。同社では、業務を委託していたトランスコスモスや第三者機関と協力しながら調査を進めていた。

調査結果によると、システムはアイブイピーのASPサービスを利用して運営されており、サーバにはSQLインジェクション対策が実施されていたが、脆弱性が存在したという。そのため不正アクセスを防ぎきれず、個人情報を含むログをFTPサーバ上に保存。当時のログがないため詳細はわかっていないが、外部より何らかの方法でFTPサーバからデータ取得されたと見られている。

さらに同社は、今回の調査結果の公表とともに同ショップで利用していたシステムを完全に廃棄することを明らかにした。同ショップで取得した顧客情報については、警察の被害調査などの目的で保管されているが、対応が完了した時点で廃棄、消去する予定だという。また同社が提供する他システムについては、異なる体制で運用されているとして、安全性を強調した。

(Security NEXT - 2007/12/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Feature Toggle」のJava実装「FF4j」に深刻な脆弱性
「Apache Fineract」にパストラバーサルの脆弱性
利用客の個人情報を第三者にメール誤送信 - 長良川鉄道
採用応募書類など含むUSBメモリが所在不明に - 国立天文台
21店舗で顧客情報の紛失や誤廃棄が判明 - 福岡ひびき信金
「Chrome」にゼロデイ脆弱性 - 前回ゼロデイ対応から1週間強で
「制御システムセキュリティカンファレンス」の参加者募集がスタート
Ubuntuに権限昇格の脆弱性 - 詳細情報も公開
会員管理システムにサイバー攻撃、情報流出の可能性 - 日本栄養士連盟
米政府、ソフトウェアサプライチェーン保護のガイダンスを公開