Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

会津若松市のウェブサイトが不正アクセス被害 - フィッシングサイト設置される

会津若松市のウェブサイトが不正アクセスの被害に遭い、フィッシングサイトが設置されていたことがわかった。個人情報流出の可能性は低いという。

11月27日に同市ウェブサイトの「教育ポータルサイト」に、アメリカのオークション会社のサイトを装った英語のページが設置されたもので、外部の指摘により判明。個人情報の詐取を目的としたフィッシングサイトとみられ、同市はウェブサイトを閉鎖した。

教育サイト以外にも不正な書き込みが行われており、同市では、ウェブサイトの公開再開は当面不可能と判断し、代替サイトを臨時で公開している。今後は不正侵入の原因を調査し、セキュリティのチェックなどを実施する。

(Security NEXT - 2007/11/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

セキュリティ診断サービスでレッドチーム演習を提供 - GMO-CS
ボランティア宛のメールで送信ミス - 大阪歴史博物館
「Chrome」に緊急アップデート - ゼロデイ脆弱性を修正
「読売新聞オンライン」に不正アクセス - 同社経由のアカウント情報流出は否定
サイバー攻撃で注文情報が消失や流出の可能性 - キンコーズ
約800自治体が採用する電子申請のヘルプデスクがEmotet感染
KDDIの通信障害、約2日半ぶりにほぼ復旧
研修支援サービスで外部より個人情報へアクセス可能に - リスモン
小学校でUSBメモリを紛失、持出許可得るも禁止の個人情報も - 所沢市
防災局メルアカ乗っ取り被害、スパムの踏み台に - 新潟県