Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

月末に大暴れしたウイルスがランキング入り - Kaspersky調査

Kaspersky Labsは、ウイルスやオンラインスキャナの検出状況をまとめ、公表した。月末にウイルス2種の急激な拡大を確認したという。

Kaspersky Labsが、10月におけるウイルスやオンラインスキャナの検知状況を集計し、ランキングとしてまとめたもの。ウイルスの1位は、古参ウイルスである「NetSky.q」で、Mydoom、Bagleなどなじみのウイルスもランキングの一画を占めた。

一方で、ここ数カ月例をみない異例な規模でメール配信が行われ、「Trojan-Spy.HTML.Fraud.ay」が拡散し、2位にランクイン。スパムを配信してフィッシングサイトへ誘導するものだが、URLにエラーがあったため、Outlookなどでは開けず、さらにフィッシングサイトのブラックリストにすでに登録されていたこともあり、実際の被害はほとんどなかったという。

また、6位の「Exploit.Win32.PDF-URI.k」は、Adobe製品の脆弱性を悪用した攻撃を行うもので、急浮上した。PDF文書を開くとコードが実行され、不正サイトからトロイの木馬をダウンロードさせる。

一方、オンラインスキャナでは、先月から大きな変動はみられなかった。しかしランキングの1位には新規の「Packed.Win32.NSAnti.r」が入った。昨年10月に最初の亜種が発見されてから今まで、8000種の亜種が検知されている。

また、フラッシュメモリカードを介して感染を広げるメールワーム「Rays」と「Brontok」や、アドウェア「BHO.cc」などがランクを上げている。今後も被害が続く可能性が高いとして、同社では注意を促している。

同社が公表したウイルスやオンラインスキャナの上位10位はそれぞれ以下のとおり。

ウイルス

1位:NetSky.q
2位:Fraud.ay
3位:NetSky.aa
4位: Feebs.gen
5位:Mydoom.l
6位:PDF-URI.k
7位:NetSky.t
8位:Bagle.gt
9位:Nyxem.e
10位:Mytob.c

オンラインスキャナ

1位:NSAnti.r
2位:Dialer.qn
3位:Brontok.q
4位:BHO.cc
5位:Rays
6位:Zapchast
7位:Small.ddp
8位:Small.a
9位:Perflogger.ca
10位:Sohanad.t

(Security NEXT - 2007/11/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「JVN iPedia」登録、前四半期から4割減 - 累計20万件を突破
WP向けメールマーケティングプラグインにSQLi脆弱性
HashiCorpのGo言語向けライブラリ「go-getter」に脆弱性
「PAN-OS」脆弱性に対する攻撃が増加 - コマンドで悪用試行を確認可能
Cisco、セキュリティアドバイザリ3件を公開 - 一部でPoCが公開済み
「Chrome 124」が公開 - セキュリティ関連で23件の修正
水道メーター取替業務の一部伝票が所在不明に - 門真市
メアド記載のメールを複数団体に送信、メール再利用で - 佐賀県
「Firefox 125.0.1」をリリース、脆弱性15件を修正
再委託先における2023年2月のランサム被害を公表 - 国交省