Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

個人情報が記載された用紙を誤ってアンケートに再利用 - 岐阜県

岐阜県は、個人情報が記載された用紙を誤って再利用し、個人情報が流出したと発表した。

今回の事故は、10月21日に養老町で県主催により開催されたワークショップで、氏名など行政情報が記載された用紙が、アンケート用紙として再利用していたことが判明したもの。アンケートは43枚配布されたが、そのうち4枚に個人情報1件が記載されていた。

同県では、同日中に43枚のうち38枚を回収。しかし、ワークショップ参加者の指摘により回収漏れがあることが判明し、残り4枚を回収、1枚が破棄されたことを確認したという。

岐阜県
http://www.pref.gifu.lg.jp/

(Security NEXT - 2007/10/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「VMware Horizon」のクライアントにサービス拒否の脆弱性
Linuxに脆弱性「BleedingTooth」が判明 - 近接環境からコード実行のおそれ
専門学校生対象のコンテスト - テーマは「サイト運営会社向けセキュリティ教育」
「ドコモ口座」の不正チャージ、被害124件の補償を完了
個人情報含む国勢調査の関連書類を紛失 - 堺市
MS、定例外で2件のアップデートをリリース
2020年3Qのインシデント、前四半期比約1.2倍に - 探索行為やサイト改ざんが増加
2025年日本国際博覧会協会に不正アクセス - フィッシングの踏み台に
「phpMyAdmin」に「SQLi」や「XSS」の脆弱性
AMDのオーバークロックソフトやグラフィックドライバに脆弱性