Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

水戸少年刑務所の受刑者情報がネット流出

茨城県内にある水戸少年刑務所の受刑者情報をはじめとする個人情報が、インターネット上へ流出したことがわかった。

流出が判明したのは、1999年から2007年4月までに同刑務所に収容された受刑者約120人の氏名や罪名などのほか、職員900人分の情報。未成年者の情報は含まれていないと言う。

刑務官が、作業をするためデータを自宅へ持ち帰り、パソコンに保存。放置していたことから、ウイルス感染をきっかけにインストールされていたファイル交換ソフト「Winny」を通じてインターネット上へ流出したと見られている。データの持ち出しは禁止されていた。

法務省
http://www.moj.go.jp/

(Security NEXT - 2007/10/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

セキュリティ情報分析基盤「CURE」、自然言語による情報の関連付けにも対応 - NICT
協力会社で「Emotet」感染か、なりすましメール出回る - 大多喜ガス
不正アクセスで不正出金、アカウント情報の流出は否定 - GMOクリック証券
外部から不正侵入の痕跡、詳細は調査中 - 原子力規制委員会
監視ツール「Nagios XI」に複数脆弱性、アップデートを - PoC公開済み
親族名乗る第三者に恩給受給者の住所を漏洩 - 総務省
「HPE iMC」に深刻な脆弱性 - CVSS値「9.8」が41件
バリオセキュア、11月に東証2部へ上場 - 新型コロナ影響の延期経て
テンプレメールのBCCに無関係メアド、顧客情報が流出 - ルクールプラス
イエラエ、Orca製パブクラセキュ管理サービスを開始 - コンテナやサーバレスにも対応