Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ファイル交換ソフト「Share」流出事故の対策ソフトを発売 - FFR

フォティーンフォティ技術研究所は、ファイル共有ソフト「Share」の発信者IPを特定できる「Share Radar」を発売した。

同製品は、ファイル交換ソフト「Share」において特定のファイルの所有者IPを特定できるLinux向けのソフトウェア。クロスワープの調査協力を受けて開発したもので、ファイル交換ソフトにより情報が流出した場合や著作権侵害が発生した場合など、拡散したデータの所有者を特定する際に利用できる。

具体的には、Shareで利用されるプロトコルの暗号を復号化し、ネットワーク上のノードを巡回。ファイル名やIPアドレス、ハッシュなど、ファイルの所有情報を含んだキー情報を収集。特定のファイルを所有するIPアドレスを特定できる。

自社内で事故が発生した際に利用できるエンドユーザー向け製品「Share Radar End User Edition」と、セキュリティベンダー向け製品「Share Radar Service Provider Edition」の2製品を用意した。

フォティーンフォティ技術研究所
http://www.fourteenforty.jp/

関連記事:ファイル保有者のIPを特定できるWinny流出対策ソフトを発売 - FFR
http://www.security-next.com/006687.html

(Security NEXT - 2007/10/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Zoomに複数脆弱性、クライアントやSDKなど広く影響
研究成果公表サイトが改ざん、サイトを停止 - 愛媛大
元従業員が顧客リストの窃盗容疑で逮捕 - 大和証券
データ流出の可能性が判明、1年以上前から不審通信 - 沖電気
11月のフィッシング攻撃、「報告件数」「URL件数」ともに高水準
パナソニックのサーバにサイバー攻撃 - 6月以降複数回にわたり
入国者健康確認システムで不具合、他申請者からパスポートなど閲覧可能に
「Movable Type」ベースの「PowerCMS」にも深刻な脆弱性
ウェブメールクライアント「Roundcube」に深刻な脆弱性 - アップデートを強く推奨
「Zoho ManageEngine ServiceDesk Plus」に深刻な脆弱性 - APT攻撃の対象に