Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ファイル交換ソフト「Share」流出事故の対策ソフトを発売 - FFR

フォティーンフォティ技術研究所は、ファイル共有ソフト「Share」の発信者IPを特定できる「Share Radar」を発売した。

同製品は、ファイル交換ソフト「Share」において特定のファイルの所有者IPを特定できるLinux向けのソフトウェア。クロスワープの調査協力を受けて開発したもので、ファイル交換ソフトにより情報が流出した場合や著作権侵害が発生した場合など、拡散したデータの所有者を特定する際に利用できる。

具体的には、Shareで利用されるプロトコルの暗号を復号化し、ネットワーク上のノードを巡回。ファイル名やIPアドレス、ハッシュなど、ファイルの所有情報を含んだキー情報を収集。特定のファイルを所有するIPアドレスを特定できる。

自社内で事故が発生した際に利用できるエンドユーザー向け製品「Share Radar End User Edition」と、セキュリティベンダー向け製品「Share Radar Service Provider Edition」の2製品を用意した。

フォティーンフォティ技術研究所
http://www.fourteenforty.jp/

関連記事:ファイル保有者のIPを特定できるWinny流出対策ソフトを発売 - FFR
http://www.security-next.com/006687.html

(Security NEXT - 2007/10/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

家計調査の世帯情報をLINEで誤送信 - 佐賀県
同報配信システムで「CC」初期化されず誤送信に - 京大
「大丸松坂屋カード」のフィッシング - 偽利用明細メールで不安煽る
東京商工会議所、会員向けセキュ対策でコンソーシアムを発足
ニッセン関連会社装うフィッシング - 「本人確認が済んでいない」と不安煽る
6月のDDoS攻撃、件数倍増 - 「Citrix ADC」からの反射型攻撃も
クラウド型セキュアウェブゲートウェイを機能強化 - ALSI
セクハラ行為と個人情報漏洩で職員を処分 - 香川県
「日本年金機構」を装うフィッシングに注意 - クレカ情報の入力促す
公共空間における安全なワイアレス通信でガイダンス - 米NSA