Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

登録者情報など3万件の個人情報がWinny漏洩か - 都内コンサルティング会社

業務請負業など展開する都内のコンサルティング会社のNCAコンサルティングから個人情報が流出したことがわかった。漏洩した個人情報は3万人分にのぼるという。

同社では、登録した主婦など在宅ワーカーを中心にマーケティングリサーチやアウトソーシング事業などを展開しているが、従業員が持ち帰ったパソコンから、ファイル交換ソフトWinnyを通じて登録者2000人分のほか顧客情報など3万件の個人情報が流出。一部ではさらに詳細な個人情報が含まれていたと見られている。

事故判明後、同社ではウェブサイトで事故を公表し、一部報道機関が事故を伝えたものの、その後同社や同社関連団体のウェブサイトは、いずれもアクセスができない状況となっている。

同社では、事故に関する取材に対して「責任者が事故対応に追われて出払っており、回答できない」とし、ウェブサイトの復旧についても未定だという。

(Security NEXT - 2007/10/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Linuxに脆弱性「BleedingTooth」が判明 - 近接環境からコード実行のおそれ
専門学校生対象のコンテスト - テーマは「サイト運営会社向けセキュリティ教育」
「ドコモ口座」の不正チャージ、被害124件の補償を完了
個人情報含む国勢調査の関連書類を紛失 - 堺市
MS、定例外で2件のアップデートをリリース
2020年3Qのインシデント、前四半期比約1.2倍に - 探索行為やサイト改ざんが増加
2025年日本国際博覧会協会に不正アクセス - フィッシングの踏み台に
「phpMyAdmin」に「SQLi」や「XSS」の脆弱性
AMDのオーバークロックソフトやグラフィックドライバに脆弱性
eコマースプラットフォーム「Magento」に複数の深刻な脆弱性