Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

バッファローのUSBメモリにトロイの木馬が混入

バッファローは、同社が販売するUSBメモリの一部にウィルスが混入したと発表した。

ウイルスが混入したのは、指紋認証を備えたUSBフラッシュメモリ「RUF2-FS512-W」「RUF2-FS1G-W」「RUF2-FS2G-W」の一部。混入したウイルスは、「TROJ_NSOM.UG」や「Pccked.Win32.NsAnti.r」と呼ばれるトロイの木馬で、オンラインゲームのIDやパスワードを詐取する。

同社は今回の事態を受け、ウェブサイト上で対象製品の製造コードやシリアル番号の確認方法やウイルスチェックツールを公開し、対象製品については交換を実施する。また、ウイルスが見つかった場合、接続したパソコンに対してもウイルスの駆除を実施してほしいと呼びかけている。

USBフラッシュメモリ 不具合のお知らせとお詫び
http://buffalo.jp/support_s/ruf2-fs/

バッファロー
http://buffalo.jp/

(Security NEXT - 2007/10/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

不正アクセスで不正出金、アカウント情報の流出は否定 - GMOクリック証券
外部から不正侵入の痕跡、詳細は調査中 - 原子力規制委員会
監視ツール「Nagios XI」に複数脆弱性、アップデートを - PoC公開済み
親族名乗る第三者に恩給受給者の住所を漏洩 - 総務省
「HPE iMC」に深刻な脆弱性 - CVSS値「9.8」が41件
バリオセキュア、11月に東証2部へ上場 - 新型コロナ影響の延期経て
テンプレメールのBCCに無関係メアド、顧客情報が流出 - ルクールプラス
イエラエ、Orca製パブクラセキュ管理サービスを開始 - コンテナやサーバレスにも対応
モバイルマーケ情報サイトが改ざん - 意図しない記事投稿やカテゴリ追加
「国内のみ」狙う偽Amazonのフィッシング - 100万件以上の日も