Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

バッファローのUSBメモリにトロイの木馬が混入

バッファローは、同社が販売するUSBメモリの一部にウィルスが混入したと発表した。

ウイルスが混入したのは、指紋認証を備えたUSBフラッシュメモリ「RUF2-FS512-W」「RUF2-FS1G-W」「RUF2-FS2G-W」の一部。混入したウイルスは、「TROJ_NSOM.UG」や「Pccked.Win32.NsAnti.r」と呼ばれるトロイの木馬で、オンラインゲームのIDやパスワードを詐取する。

同社は今回の事態を受け、ウェブサイト上で対象製品の製造コードやシリアル番号の確認方法やウイルスチェックツールを公開し、対象製品については交換を実施する。また、ウイルスが見つかった場合、接続したパソコンに対してもウイルスの駆除を実施してほしいと呼びかけている。

USBフラッシュメモリ 不具合のお知らせとお詫び
http://buffalo.jp/support_s/ruf2-fs/

バッファロー
http://buffalo.jp/

(Security NEXT - 2007/10/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「PAN-OS」に対するゼロデイ攻撃、国内被害は未確認
「PAN-OS」を狙う「Operation MidnightEclipse」 - 3月下旬より展開
Palo Alto Networksの「PAN-OS」にゼロデイ脆弱性 - パッチを準備中
サポート詐欺で患者情報含むPCが遠隔操作できる状態に - 富田林病院
イベント申込フォームで設定ミス、個人情報が閲覧可能に - 会津若松市
学校で個人情報含む入学関係書類を誤廃棄 - 横須賀市
人材育成プログラム「SecHack365」が応募受付をまもなく開始
フィッシングURLが前月比約84%増 - 使い捨てURLを悪用
【特別企画】経営戦略に資するセキュリティを学ぶ「情報システムCAMP2024」が4月18日開催
工場スマート化のリスクや対策を解説したガイドライン別冊資料