Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

都立病院、患者情報を記録したデジカメを紛失か - 認識甘く対応に遅れ

都立大塚病院において、回診時に使用したデジタルカメラの所在がわからなくなっている。カメラには、患者の氏名や患部画像などが保存されている可能性があるという。

紛失したカメラは、症状などを電子カルテに記録するため、病棟の回診時に使用しているもの。床ずれなどの症状があった患者8人の患部画像が撮影され、そのうち6人については、氏名や撮影月日などの情報も含まれる。カルテ記録後にデータを消去したかわかっておらず、外部へ流出した可能性があるという。

7月13日に前日の回診時に撮影したデータを電子カルテに記録後、通常とは異なる場所へ保管。同月26日に、同カメラを使用しようとした別の看護師がなくなっていることに気付いたという。事故を受け、院内で探索なども行われたが、個人情報流出を踏まえた対応を行っていなかった。

その後、10月3日にデジタルカメラの変更申請が行われ、紛失の経緯が判明。ようやく個人情報流出の問題について認識し、警察へ被害を届け、患者に対して謝罪するなど対応を行ったという。

都では今回の事故を受け、各都立病院に対し個人情報の管理状況に関する調査を実施するほか、院内に個人情報管理チームを設置して定期点検を行ったり、研修を実施するなど体制を強化を目指すという。

(Security NEXT - 2007/10/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

英政府、ロシアによる東京五輪狙うサイバー攻撃を非難 - 米司法省は関係者を6人を訴追
「Java SE」のアップデートが公開、脆弱性8件を解消
Oracle、定例パッチで402件の脆弱性に対処 - CVSS基本値「9.0」以上が82件
自治体防災メール、送信ドメイン認証「SPF」に9割対応 - 「DMARC」は1割強
エポック社の通販ショップで個人情報が流出 - メールプログラムに不具合
米政府、中国関与のサイバー攻撃で利用された脆弱性25件を公表
VMwareの複数製品に脆弱性 - CVSS基本値が「9.8」の脆弱性も
Adobe、10製品向けにセキュリティアップデートを公開
「vBulletin」の脆弱性狙う攻撃、8月から断続的に発生
IoT検索エンジン「Karma」にリスクの可視化機能