Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

金沢市のビジネス施設に不正アクセス - 利用者の個人情報が流出か

金沢市の公共施設「ITビジネスプラザ武蔵」が外部から不正アクセスを受け、サーバ内部の個人情報が外部へ流出した可能性があることがわかった。原因は設定ミスで、現在は修正されているという。

同市によれば、9月18日に同施設のインターネット接続回線を変更したが、その際にネットワーク機器の設定を誤り、外部からサーバへアクセス可能な状態になったという。アクセスにはパスワードが必要だが、ログ上に解読された形跡が残っていた。

流出の可能性があるのは、同施設の予約システムを利用登録していた574人分の氏名、住所、所属部署、電話番号、メールアドレス。被害を受けたのは同施設のサーバ1台のみで、同市が管理するほかのサーバについては、同様の被害はないという。

同市では不正アクセス発覚後、ウェブサイトを閉鎖して修正作業を実施。すでに修正は完了しており、ウェブサイトの公開を再開している。

(Security NEXT - 2007/10/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Linuxに脆弱性「BleedingTooth」が判明 - 近接環境からコード実行のおそれ
専門学校生対象のコンテスト - テーマは「サイト運営会社向けセキュリティ教育」
「ドコモ口座」の不正チャージ、被害124件の補償を完了
個人情報含む国勢調査の関連書類を紛失 - 堺市
MS、定例外で2件のアップデートをリリース
2020年3Qのインシデント、前四半期比約1.2倍に - 探索行為やサイト改ざんが増加
2025年日本国際博覧会協会に不正アクセス - フィッシングの踏み台に
「phpMyAdmin」に「SQLi」や「XSS」の脆弱性
AMDのオーバークロックソフトやグラフィックドライバに脆弱性
eコマースプラットフォーム「Magento」に複数の深刻な脆弱性