Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

生徒の成績など個人情報含むUSBメモリを紛失 - 静岡の県立高校

静岡県教育委員会は、県立高校の教諭が、生徒38人分の個人情報や成績情報、出欠記録などが保存されたUSBメモリを紛失したと発表した。

所在が不明となっているメモリには、3年生38人分の調査用データが保存されていた。氏名、住所、生年月日、1年次と2年次、および3年次1学期の成績、出欠記録などが含まれる。8月21日に職員室内で作成したデータをメモリに保存して帰宅。翌日朝出勤したところ、USBメモリが見あたらなかったという。

同校ではメモリの探索などを行ったが発見できず、9月28日になって関連する生徒に対し説明と謝罪を実施した。また翌日に臨時の全校集会および緊急保護者会を開いて対応したという。

(Security NEXT - 2007/10/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

グループウェア「サイボウズGaroon」に複数の脆弱性
「GUARDIANWALL」に添付ファイルのダウンロードリンク化機能
国内外サーバ36台を侵害か、外部データ送信の痕跡も - 川崎重工
家計調査の世帯情報をLINEで誤送信 - 佐賀県
同報配信システムで「CC」初期化されず誤送信に - 京大
「大丸松坂屋カード」のフィッシング - 偽利用明細メールで不安煽る
東京商工会議所、会員向けセキュ対策でコンソーシアムを発足
ニッセン関連会社装うフィッシング - 「本人確認が済んでいない」と不安煽る
6月のDDoS攻撃、件数倍増 - 「Citrix ADC」からの反射型攻撃も
クラウド型セキュアウェブゲートウェイを機能強化 - ALSI