Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Share」で個人情報約1万2500人分が流出か - ソニー生命

ソニー生命保険から、最大1万2500人分の個人情報が、ファイル交換ソフト上へ流出した可能性があることがわかった。同社では詳細について調査を進めている。

同社によれば、北海道内の支社に所属する従業員が、無断で業務用パソコンを持ち帰り、データを私用パソコンで利用したところ、ウイルスに感染をきっかけにファイル交換ソフト「Share」を通じて9月17日に外部へ流出したという。

流出した情報は、契約者など顧客情報が約1100人分をはじめ、約7500人分の情報を含んだ団体名簿やそのほかの個人情報約3900人分など、約1万2500人分にのぼると見られている。同社は、事件を受けて関係者へ事態を報告し、謝罪文の送付など対応を進めている。

今回の漏洩により情報が不正に使用されたといった報告はないという。同社では、社内規定において私用パソコンの利用を禁止しており、調査終了後に関係者を処分する方針。また社内教育や管理体制の強化に取り組み、再発防止を目指すとしている。

ソニー生命保険
http://www.sonylife.co.jp/

(Security NEXT - 2007/09/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

セキュア開発が学べる無料オンラインコンテンツ - Linux Foundation
府立高校で1クラスの出席簿を紛失 - 大阪府
PC遠隔操作で顧客情報流出の可能性 - スズキディーラー
フィッシングURL、ピークの9月から2カ月で半減 - 「偽Amazon」が急増
スポーツ施設の工事委託先にサイバー攻撃 - 東京都
「Apache Camel」にLDAPインジェクションの脆弱性
「MS Edge」にセキュリティアップデート - ゼロデイ脆弱性を解消
フォーラムソフト「NodeBB」にアカウント乗っ取りが可能となる脆弱性
政府、アクセス制御製品の研究開発情報を募集
教委職員が個人情報含むUSBメモリを一時紛失 - 大阪市