Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

児童の氏名を含む日誌などが車上荒らしで盗難に - 北九州市保育所

北九州市は、市立保育所の職員が車上荒らしに遭い、児童の氏名含む日誌や懇談記録などが鞄ごと盗まれたと発表した。

被害に遭ったのは、2歳児クラスの「週間指導計画・日誌」および「個人懇談記録」など。日誌には、最大14人分の児童のイニシャルが記載されており、懇談記録には最大5人分の児童の氏名が平仮名で記載されていた。また、職員の氏名が含まれる「職員勤務表」や職員互助会の記録ノートなども盗まれた。

9月22日未明、自宅近くに駐車してあった自家用車が車上荒らしに遭い、鞄ごと何者かに持ち去られたという。

同市では、被害を警察に届け、関連する児童の家庭を訪問して説明と謝罪を行った。関係者の処分も検討中だという。また運営法人は、個人情報保護に関する研修を実施するとしている。

(Security NEXT - 2007/09/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

健診情報含む個人情報の紛失事故2件を公表 - 大阪府
懇親会名簿をタクシーに置き忘れ紛失、事務所の鍵も - 新潟県
電子お薬手帳サービス「おくすり手帳Link」で一時障害
クラファン支援者の個人情報が閲覧可能に - 関東大学バレーボール連盟
過去宛先不明の住所に口座番号変更通知書を送付、所在不明に - 中央労働金庫
NETGEAR製スイッチの管理画面にCSRFの脆弱性
県サイトに就農者の個人情報を誤掲載 - 岐阜県
都が中小企業セキュ対策であらたな支援事業 - 試験的に機器設置、インシデント対応もサポート
「JetBrains ToolBox」に深刻な脆弱性 - 開発者とNVDでわかれる評価
オンラインの「サイバーセキュリティトレーニング」を提供 - 日立