Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ACCSサイトで毎日情報収集していた海賊版販売の男性が逮捕

北海道警と岩見沢署は9月26日、ウェブサイト上で海賊版ソフトウェアを販売していたとして、大阪市内に住む男性を著作権法違反の容疑で逮捕した。

コンピュータソフトウェア著作権協会によれば、逮捕された男性は複数のウェブサイト上で、200種類以上の海賊版を販売。サイトの公開や閉鎖を繰り返し行っており、数年前から販売を繰り返していたと見られている。

岩見沢署が海賊版の販売に気が付き、同協会を通じて連絡を受けたソフトウェアベンダーが告訴。同協会に対しては、一般からも2006年11月ごろから情報が寄せられていた。また、男性は、著作権法関連の事件やニュースなど、同協会のウェブサイト上を毎日閲覧し、関連事件や著作権法などについて情報収集していたという。

コンピュータソフトウェア著作権協会
http://www2.accsjp.or.jp/

(Security NEXT - 2007/09/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

シングルページアプリの脆弱性診断サービスを開始 - Flatt Security
セキュ人材採用、日本は実務経験を重視 - キャリアパス提供は他国の半数以下
政府委託事業の旧ドメインを第三者が取得 - 偽サイトで外部誘導
「Atlassian Bitbucket」に深刻な脆弱性 - アップデートの実施を
「Zimbra」に複数の脆弱性 - 修正版をリリース
約2割が外部メディアの紛失や盗難を経験 - 台帳管理の未実施も
「LibTIFF」に脆弱性、悪用コードが公開済み - パッチの適用を
「Apache MINA SSHD」に脆弱性 - アップデートがリリース
内部統制構築支援サービス、スキル移転も重視 - ニュートン・コンサル
授受の過程で介護保険関連書類が所在不明に - 川崎市