Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MSのマルウェア研究センターが本格始動 - 日本独自のマルウェアに対応

マイクロソフトは、日本国内でマルウェア解析センター「Microsoft Malware Protection Center」の正式運用を開始した。

今回国内に正式運用が開始となったのは、米国のレドモンド、アイルランドのダブリンに続く全世界で3拠点目となるマルウェア解析センター。専任スタッフを配置し、他センターと協力しながら24時間体制で国内外のマルウェア研究にあたる。

特に日本独自のマルウェア対策に力を入れるとしており、対応の精度や対応時間の短縮を目指す。同社では、無償ツールや製品などに研究成果を反映させていく計画だ。

マイクロソフト
http://www.microsoft.com/japan/

マイクロソフトセキュリティ
http://www.microsoft.com/japan/security

(Security NEXT - 2007/09/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Apache Tomcat」に情報漏洩のおそれ - 11月17日の更新で修正済み
政府行政ポータル「e-Gov」で個人情報が流出 - リニューアル後に複数不具合
特典発送で委託先が宛名シールを二重貼り、個人情報流出 - LINE
ランサム感染で顧客プログラム資産が流失した可能性 - システム開発会社
Xeroxの「DocuShare」に複数の脆弱性 - ホットフィクスをリリース
キャッシュレス決済連携でガイドライン - 全銀協
DNSサーバ「NSD」「Unbound」に脆弱性 - アップデートが公開
VMware製品の未修正脆弱性、パッチが公開に - CVSS値は下方修正
Synology製の複数製品に深刻な脆弱性 - 一部はパッチ未提供
eコマースシステム「EC-CUBE」に2件の脆弱性