Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ネットバンク「個人情報の管理」や「システム障害」に不安 - 約5割

オンラインバンキングが、24時間利用できる利便性やコスト面など、高く評価される一方で情報セキュリティに対する不安を感じるユーザーが多いことがわかった。

楽天リサーチが2007年8月に、全国の20代から60代までの会社員や公務員など1000人を対象として実施した調査で判明したもの。

オンラインバンキングの利用目的は、残高や入出金の照会がもっとも多く、「振込、振替」「決済サービス」が続いた。オンラインバンキングのメリットとしては、24時間利用できることや手数料の安さを挙げるユーザーが目立つ。また「セキュリティ対応が充実している」との意見も37.3%を占め、4位につけた。

しかし一方で、「個人情報の管理」や「システム障害」に不安を感じるとして、いずれも50%強がデメリットであると回答しており、IDやパスワード管理を面倒とする声も41%に達するなど、情報セキュリティに関するデメリットが目立つ結果となった。

(Security NEXT - 2007/09/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

過去宛先不明の住所に口座番号変更通知書を送付、所在不明に - 中央労働金庫
NETGEAR製スイッチの管理画面にCSRFの脆弱性
県サイトに就農者の個人情報を誤掲載 - 岐阜県
都が中小企業セキュ対策であらたな支援事業 - 試験的に機器設置、インシデント対応もサポート
「JetBrains ToolBox」に深刻な脆弱性 - 開発者とNVDでわかれる評価
オンラインの「サイバーセキュリティトレーニング」を提供 - 日立
案内メールに他顧客の情報、リスト作成時にミス - モリサワ
ネットバンク利用者3割強が2要素認証を利用 - MMD調査
新潟ご当地グルメの通販ショップに不正アクセス
4郵便局で顧客情報含む書類の紛失が判明 - 日本郵便