Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2日でSSLサーバ証明書を発行するオプションの適用対象を拡大 - 日本ベリサイン

日本ベリサインは、SSLサーバ証明書を発行する際に、受け付け翌日から2営業日で発行するオプション「エクスプレスサービス」のサービス強化を行った。

従来同サービスでは、企業認証の実在性などを確認するにあたり、帝国データバンクのCOSMOSNET2000に団体情報が登録されている必要があったが、今回のサービス強化により、対象企業を拡大し、登録がない企業でも同オプションを利用できるようになる。

同社では、7月より提供している「登記事項証明書取得代行サービス」の業務フローを改善することで今回のサービスを実現。同サービスについても、12月28日までの期間限定としていたが、今後も無償サービスとして継続する。

(Security NEXT - 2007/09/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Drupal」のコアやモジュールに脆弱性 - 情報漏洩のおそれ
2022年4Qの脆弱性届出 - ソフトとサイトいずれも減少
コラボレーションツール「Cisco Unified CM」に脆弱性
「Git」にアップデート、複数の深刻な脆弱性に対処
個人情報含む調査票を誤発送、封入ミスで - 調布市
非常災害時用端末を用いて他社顧客情報を閲覧 - 九州電力
TP-Link製の一部ルータに深刻な脆弱性 - アップデート未提供
Oracle、「Java SE」や「Oracle GraalVM Enterprise Edition」の脆弱性を修正
大学院入試問題や個人情報が学内クラウドで閲覧可能に - 琉球大学
「ManageEngine」の脆弱性、悪用が発生 - 侵害の有無についても確認を