Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

あらたな偽セキュリティ対策ソフト「MalwareBurn」を確認 - ウェブルート

ウェブルート・ソフトウェアは、2007年8月に国内で検知したスパイウェアの件数を取りまとめ、トップ10として発表した。

従来より説明ページやアドウェアそのものを日本語対応させた偽セキュリティ対策ソフトが出回っており、今月も「System Doctor 2006」が2位に入るなどまん延が続いているが、同社では、あらたにアドウェア「MalwareBurn」を検知したことから、注意を呼びかけている。

「MalwareBurn」は、8月にもっとも検出数が多かったトロイの木馬「Trojan-Downloader-Zlob」によりインストールされる場合がある。ソフトそのものは日本語化されていないが、日本語で広告や製品の説明を行うページを用意するなど、日本国内を狙った攻撃を行っている。

またトロイの木馬については、5位から10位までいずれも圏外からランクインを果たした。同社が危険度を「非常に高い」と設定している「Trojan-Backdoor-Bifrose」をはじめ、いずれも外部から無制限にアクセスを許可するプログラムで注意が必要。

アドウェア

1位:Virtumonde
2位:System Doctor 2006
3位:WebSecureAlert
4位:InternetOptimizer
5位:GAIN - 共通コンポーネント
6位:DriveCleaner
7位:BHO_Xmlhelper
8位:180search Assistant/Zango
9位:Odigo
10位:IST Software

トロイの木馬

1位:Trojan-Downloader-Zlob
2位:Trojan-Backdoor-Poebot
3位:Trojan Hachilem
4位:Trojan Rbot
5位:Trojan-Alexmo
6位:TopConverting Downloader
7位:Trojan-Backdoor-Bifrose
8位:Trojan-Backdoor-mybot
9位:MyDoom_O
10位:MyDoom_M

(Security NEXT - 2007/09/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

スズキ海外子会社にサイバー攻撃、工場が一時操業停止
広く活用されるnpmパッケージ「UAParser.js」にマルウェア混入
脆弱性を修正した「PHP 7.4.25」がリリース
オープンソースのフォーラムソフト「Discourse」に深刻な脆弱性
三菱電機にサイバー攻撃 - 子会社複数顧客の関連データが流出
日産証券、不正アクセス受けた取引システムを廃止 - 一部代替システムへ
「PHP 8.0.12」がリリース、権限昇格の脆弱性など修正
医療関係者のメールアドレスリストを案内メールに誤添付 - 科研製薬
不正アクセスで約57万件の迷惑メール送信 - 群大
個別の脅威調査に応じるチケット制サービス - カスペルスキー