Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2万6000件の預金者情報保存したバックアップCDが所在不明 - セブン銀行

セブン銀行は、預金者の個人情報を保存したバックアップ用CD-ROM1枚を紛失したと発表した。

所在がわからなくなっているディスクは、システムの更新を行うために、バックアップ目的で同社が2006年1月に作成した2枚のうちの1枚。2005年12月末時点の預金者に関する情報2万6688件が保存されており、氏名や電話番号、生年月日、口座番号など含まれる。残高や暗証番号などは含まれていないという。

同行では、2006年5月から7月までのあいだに、誤って廃棄した可能性が高いと説明している。ファイルにはパスワードが設定されており、不正利用の報告などについても受けていないという。

(Security NEXT - 2007/09/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ウェブゲートウェイサービスの不正サイト遮断機能を強化 - IIJ
建築家向け書籍サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
VMwareのアクセス管理製品に深刻な脆弱性 - パッチは準備中
「ウイルスバスター for Mac」旧版に複数脆弱性
メルマガシステムに不正アクセス、顧客情報が流出 - 福岡のカレー店
Google、「Chrome 87」で33件のセキュリティに関する修正を実施
新型コロナ陽性者2515人の関連情報を誤掲載 - 川崎市
Androidアプリのセキュア設計ガイドに改訂版 - 「Android 11」に対応
「LINEスタンプ」クリエイターの個人情報が流出 - 設定ミスで
10月中旬よりWPプラグイン「File Manager」の探索行為が増加