Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

エントラストと三技協、リモートアクセス製品の認証強化で提携

エントラスト・ジャパンと三技協は提携し、複数の認証方式を備えたリモートアクセス環境を構築するパッケージ製品の開発、販売を行うと発表した。

今回の提携により、三技協のUSB認証キーによるOpenSSH方式を採用したリモートアクセス製品「PlatformV System」と、エントラストの認証強化ソリューション「Entrust IdentityGuard」の連携が実現する。

従来の「PlatformV System」はUSBキーやID、パスワードを利用した認証だったが、これに「Entrust IdentityGuard」の乱数表認証を組み合わせたパッケージ製品を開発し、より安全性の高いリモートアクセス環境の実現を目指す。発売は9月中旬となる予定。

(Security NEXT - 2007/09/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「VMware SD-WAN Orchestrator」に複数脆弱性 - 修正版が公開
クラウドデータ消失の「ふくいナビ」、バックアップ判明し復旧へ
「Hibernate ORM」に「SQLインジェクション」の脆弱性
暗号資産取引所「Liquid」、DNSが改ざん被害 - 本人確認用データなど流出か
タイムカプセルのメッセージを紛失、誤廃棄の可能性 - 網走市
ボランティア育成プログラム参加者宛のメールで誤送信 - 人と動物の共生センター
「Firefox 83」公開、HTTPS限定モードを追加 - 脆弱性21件を修正
「JSAC 2021」はオンライン開催に - 参加登録の受付を開始
メール誤送信で大学祭グッズ申込者のメアド流出 - 上智短大
個人情報記載の乳がん検診受診票を誤送付 - 墨田区