Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

利用者180名の個人情報含むFDを紛失 - 横浜市の福祉サービス事業者

高齢者向けの食事サービスを提供する横浜市の委託事業者「ほほえみ」において、6月の利用者180人の個人情報が記録されたフロッピーディスクが所在不明になっている。

紛失したと見られているのは、食事サービス実績報告用のフロッピーディスク2枚。ディスクには、2007年6月に食事サービスを利用した180人分の氏名、住所、性別、生年月日、利用予定回数、利用者番号などが記録されていた。2枚のうち1枚はバックアップ用で同じデータが記録されている。

7月6日に横浜市がディスクを事業者へ郵送し、翌日に到着が、事業者内で引き継ぎに問題があり紛失した。同市では新しいディスクを送付して、紛失したディスクの回収を求めていたが、8月21日になっても見つかっていないことが判明。市の担当者が現地を確認し、捜索の続行や関係する利用者への謝罪を事業者へ指示した。

データは暗号化されており、専用のソフトとパスワードがなければ読み取ることはできないという。同市では、再発防止策としてディスクの専用保管場所を設置するとともに、受け取り記録を付けるよう指導した。

(Security NEXT - 2007/08/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

PCや受験関係書類が研究室から盗難 - 東京藝大
応急手当普及員宛メールで送信ミス - 成田市消防本部
Instagramにハワイ州観光局の偽アカウント - フィッシングDMを送信
「Salesforceセキュリティ診断サービス」を提供 - KCCS
新型コロナ関連の情報流出で職員処分、経緯は明らかにせず - 新宮市
職員個人SNSに依頼、顧客情報含む資料を外部提供 - 東北電気保安協会
Windows向け「Zscaler Client Connector」に権限昇格の脆弱性
メール誤送信、セミナー参加者のメアド流出 - 佐賀県
クラウド設定不備で個人情報に外部アクセス - イオン銀
「Firefox 86」が公開、Cookie対策強化 - 脆弱性12件を修正