Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「ファンタシースターユニバース」に個人情報を閲覧できる不具合

セガが提供するオンライン対応ゲーム「ファンタシースターユニバース」のシステムに不具合があり、不正アクセスにより個人情報が一時閲覧できる状態だったことがわかった。

パソコンやプレイステーション2向けに提供している同ゲームの課金システムに不具合が見つかったもので、システムの動作検証で判明。2007年3月29日から8月22日までにプログラムなどを利用して不正にアクセスを行った場合、最大4万7494人の氏名や住所、電話番号、生年月日、性別、メールアドレス、ID、課金履歴などが個人情報が閲覧できる状態だった。

不正アクセスが可能だったのは同ゲームの登録者のみで、今のところ個人情報の流出は確認されていないという。同社では、一時サービスを停止した上でシステムの不具合を解消し、8月23日にサービスを再開。ユーザーに対してはメールで不備を報告し、謝罪する。

(Security NEXT - 2007/08/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

メールシステム不具合で情報流出や多重送信が発生 - ドライフルーツ販売店
10月は通信キャリアを装うフィッシングサイトが前月比3.6倍に
患者情報含む私物USBメモリが医局で所在不明に - 鹿児島大学病院
保護動物情報を掲載する山口県動物愛護センターのサイトが改ざん
ランサムウェア被害で顧客情報流出の可能性 - コンサル事業者
Mozillaの暗号ライブラリ「NSS」に深刻な脆弱性 - アップデートを公開
「Joshin web」のフィッシングサイトに注意 - 「3Dセキュア」も要求
神奈川県、教員を停職処分 - 試験をインスタで生徒に漏洩
ECシステムへの不正アクセスで顧客情報流出の可能性 - 寿司通販サイト
「エヴァンゲリオン」公式通販サイト、クレカやPWなど流出のおそれ