Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

武蔵野銀行で約4時間にわたり障害 - 現在は回復

武蔵野銀行において一時システム障害が発生し、約4時間にわたり取引へ影響が出た。

9時20分にハードウェアの障害が発生し、9時40分ごろより店舗やATMで処理速度の低下が発生。10時前後に取引が全面的に行えなくなった。

原因はハードウェアの障害でエラーメッセージが大量に出力されたためで、完全な障害ではなく、不安定な状況に陥ったことから障害へ発展したという。また、データベースの回復処理に時間がかかったと説明している。

13時50分過ぎより順次回復し、14時23分にインターネットバンキングが回復し、全面復旧した。インターネットバンキングについては180件の未送信が発生。同行では翌日扱いの振り込みにて対応することで顧客から了承を得たという。

武蔵野銀行
http://www.musashinobank.co.jp/

(Security NEXT - 2007/07/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

小学校で児童個人票など紛失、判明から約8カ月後に報告 - 川崎市
サーバに不正アクセス、情報流出など調査中 - ニチリョク
求人サービス「engage」に不正アクセス - 画像や動画が全消失
東電EPを偽装、「クレカでポイント」とだますフィッシング
宅配クリーニングに不正アクセス - 意図しない外部公開も
約5.3億件のFacebookユーザー情報が流通、日本は約42万件 - 人口上回る国も
決済代行業者やコード決済事業者もPC IDSS準拠必須に
フィッシングで悪用されたブランド数が過去最多 - 報告やURLも大幅増
厚生省で行政文書の誤廃棄が発生 - 情報流出なく業務への支障もなし
「ビューカード」のフィッシング、正規サイトと同じ2種類のIDに対応