Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

武蔵野銀行で約4時間にわたり障害 - 現在は回復

武蔵野銀行において一時システム障害が発生し、約4時間にわたり取引へ影響が出た。

9時20分にハードウェアの障害が発生し、9時40分ごろより店舗やATMで処理速度の低下が発生。10時前後に取引が全面的に行えなくなった。

原因はハードウェアの障害でエラーメッセージが大量に出力されたためで、完全な障害ではなく、不安定な状況に陥ったことから障害へ発展したという。また、データベースの回復処理に時間がかかったと説明している。

13時50分過ぎより順次回復し、14時23分にインターネットバンキングが回復し、全面復旧した。インターネットバンキングについては180件の未送信が発生。同行では翌日扱いの振り込みにて対応することで顧客から了承を得たという。

武蔵野銀行
http://www.musashinobank.co.jp/

(Security NEXT - 2007/07/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

NETGEAR製スイッチの管理画面にCSRFの脆弱性
県サイトに就農者の個人情報を誤掲載 - 岐阜県
都が中小企業セキュ対策であらたな支援事業 - 試験的に機器設置、インシデント対応もサポート
「JetBrains ToolBox」に深刻な脆弱性 - 開発者とNVDでわかれる評価
オンラインの「サイバーセキュリティトレーニング」を提供 - 日立
案内メールに他顧客の情報、リスト作成時にミス - モリサワ
ネットバンク利用者3割強が2要素認証を利用 - MMD調査
新潟ご当地グルメの通販ショップに不正アクセス
4郵便局で顧客情報含む書類の紛失が判明 - 日本郵便
カラオケアプリ開発元に不正アクセス - 会員個人情報が流出