Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

柏崎刈羽原発の地震観測データが一部消失 - 余震データで上書き

東京電力柏崎刈羽原子力発電所において、新潟県中越沖地震発生時の観測データを一部消失していたことがわかった。

同社では、同原発における耐震安全性の面から、7月16日に発生した新潟県中越沖地震の影響などを調査しているが、既設地震計の地震観測記録のうち、1号機、5号機、6号機の本震データ63台分の波形データを消失したことが判明した。原因は、余震が重なったため都内のサーバへ送信する前にデータが上書きされたためだという。

既設地震計による記録のうち、最大加速度値は消失しておらず、2007年4月から稼働している30台の地震計では全号機の本震の記録が取得できていること、余震データがあることなどから、十分な検討が行えると説明している。

能登半島地震で北陸電力志賀原子力発電所でも同様の問題が発生していたことから、今年度から来年度にかけて観測装置の更新を行う予定だった。

東京電力
http://www.tepco.co.jp/

(Security NEXT - 2007/07/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

フィッシングURL、ピークの9月から2カ月で半減 - 「偽Amazon」が急増
4人に1人は機密性高いPDFファイルでもPWや権限を設定せず
サイバー攻撃で一部電子カルテを閲覧できず - 金沢西病院
「VMware ESXi」や「VMware vCenter Server」に脆弱性 - アップデートが公開
バッファローの複数Wi-Fi関連製品に脆弱性 - ファームウェアの更新を
「オリコ」装うフィッシング攻撃の報告が増加 - 15種類以上の件名
サーバに不正アクセス、サイトを一時停止 - バンタン
クレカ情報流出の可能性、一部不正利用も - コーヒー豆通販サイト
IPA、独政府「産業制御システムの10大脅威」の日本語版を公開 - チェックリストも
「Oracle Fusion Middleware」の既知脆弱性に対する攻撃が発生