Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

北陸農政局、メールアドレスの流出事故が2件発生 - 操作ミスで

北陸農政局において、メールの誤送信によりメールアドレスが流出する事故が2件発生したことがわかった。

北陸農政局は、食育を推進するために「食育ネットほくりく」を運営しているが、同局福井農政事務所が同企画の会員あてにメールを送信した際、6月5日や7月2日に配信した案内メールやメールマガジンで配信ミスが発生したもの。

いずれもメールアドレスを宛先に設定する操作ミスで、メールアドレスが受信者以外の他会員が確認できる状態となった。それぞれ約40件のメールアドレスが流出したことから、同局では送信した会員に対して謝罪し、メールの削除を依頼したという。

農政局におけるメール送信時の操作ミスは、6月に多数明らかになっており、北陸農政局においても2006年4月1日から2007年4月13日までに5件の送信ミスが発生したことが判明。同局ではチェック体制の強化など発表していた。

(Security NEXT - 2007/07/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

案内メールに他顧客の情報、リスト作成時にミス - モリサワ
ネットバンク利用者3割強が2要素認証を利用 - MMD調査
新潟ご当地グルメの通販ショップに不正アクセス
4郵便局で顧客情報含む書類の紛失が判明 - 日本郵便
カラオケアプリ開発元に不正アクセス - 会員個人情報が流出
LINEで意図に反する大量の「グループ招待」「友だち追加」 - バグ検証から拡大か
「Drupal」にRCE脆弱性 - アップロードされたファイルの確認も
エプソン製品のインストーラに脆弱性 - 最新版の利用を
ウェブゲートウェイサービスの不正サイト遮断機能を強化 - IIJ
建築家向け書籍サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性