Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

誤送信防止機能を搭載したAjaxベースのメールシステムを発売 - センドメール

センドメールは、富士通長野システムエンジニアリングが開発したAjaxを活用したウェブメールシステム「SYNCDOTR/WebMailer for Sendmail」を、7月16日より販売開始する。

同製品は、Ajaxを採用したことで、通常のクライアント用メールソフトと同等の操作性を実現した企業向けウェブメールシステム。送信時に宛先と本文の内容を比較し、整合性がとれない場合には送信を中断する「誤配信防止機能」を搭載した。

また、業務上不適切な単語を含むメールは送信させない「キーワードチェック機能」や、「高速検索機能」を備えている。1000アカウントを超える大規模ユーザーにも対応。また2008年1月より、送信ドメイン認証「DKIM」にも対応する予定。

センドメールでは、メッセージストアサーバ「Mailcenter Store」、アンチウィルス機能を実現するメールポリシー管理ソリューション「Mailstream Manager」 などと組み合わせて拡販を目指すとしている。

(Security NEXT - 2007/07/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

オンラインの「サイバーセキュリティトレーニング」を提供 - 日立
案内メールに他顧客の情報、リスト作成時にミス - モリサワ
ネットバンク利用者3割強が2要素認証を利用 - MMD調査
新潟ご当地グルメの通販ショップに不正アクセス
4郵便局で顧客情報含む書類の紛失が判明 - 日本郵便
カラオケアプリ開発元に不正アクセス - 会員個人情報が流出
LINEで意図に反する大量の「グループ招待」「友だち追加」 - バグ検証から拡大か
「Drupal」にRCE脆弱性 - アップロードされたファイルの確認も
エプソン製品のインストーラに脆弱性 - 最新版の利用を
ウェブゲートウェイサービスの不正サイト遮断機能を強化 - IIJ