Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

鳥取や茨城で医師による個人情報の持ち出しや紛失が発生

鳥取県や茨城県内の病院で、患者情報の無断持ち出しや車上荒らしによる紛失事件が明らかになった。

鳥取県では、南部町立病院の元医師が、主治医として担当していた患者463名の診療情報を持ち出していたことが判明した。同医師は、4月末に南部町国民健康保険西伯病院を退職する際、主治医として担当していた患者463名分の処方内容と一部検査データを印刷するなどして、持ち出していたという。

警察から患者情報の持ち出しが発生しているとの通報を5月16日に受けて判明。その後同医師に確認をとったところ、患者の了解は得て持ち出していたことを認めたという。

また茨城県石岡市の石岡第一病院では、同病院の医師が車上荒らしに遭い、患者の症例などが記録されたノートパソコンが盗まれる事件が発生した。

被害に遭ったパソコンには、患者1400名分の氏名、住所、性別、症例などが記録されていた。同病院では今後、再発防止を目指して個人情報の管理強化を職員に周知徹底するという。

(Security NEXT - 2007/07/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

サーバやパソコンにサイバー攻撃 - JR西日本関連会社
ネットバンク不正送金被害が8月下旬より急増 - わずか2カ月で上半期上回る勢い
ネットバンクの不正送金被害が激増 - 前年同期の約40倍に
スルガ銀のフィッシングに注意う- 本人確認を求める手口
SIA、「ファクトチェックセンター」を設置 - 真偽検証して情報配信
複数テナント管理やSBOM読込に対応した脆弱性管理ツール
WAFルールセット「OWASP CRS」に深刻な脆弱性 - 「ModSecurity」とあわせて更新を
モジュール型WAF「ModSecurity」がアップデート - セキュリティ上の複数問題へ対処
「GMOクリック証券」を装ったフィッシングに注意
「Security Days Fall 2022」を10月にリアル開催 - 配信なし