Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

au携帯電話向け書籍販売サイトで個人情報が一時閲覧可能に

KDDIと沖縄セルラー電話が提供するau携帯電話向け書籍販売サイト「au Books」において、アクセスしたユーザーとは関係ない他顧客の個人情報が閲覧できたり、登録情報が書き変わるなど一時障害が発生していたことがわかった。

KDDIによれば、6月22日20時37分から翌23日18時45分まで間、特定のサイトからリンクを経由して「au Books」にアクセスした場合、氏名や住所、電話番号、生年月日、パスワードなど同時間帯にアクセスした他顧客の個人情報が閲覧できる状態になったという。

原因は、リンク元サイトからアクセスした同一のセッションIDを持つ利用者に、au Books上で個別のセッションIDを付与できなかったことによるもので、最大436件で誤表示が発生した。また場合によっては利用者の情報が第三者の情報に書き変わるケースもあり、最大124件に影響が出たという。

同社では、問題が発生した「au Books」のほか、ゲーム販売サイト「au Games」やCD/DVD販売サイト「au Records」を閉鎖し、改修を実施。「au Games」と「au Records」は26日、「au Books」は6月27日よりサービスを再開する。また同社は、関連する顧客に対し連絡を取っている。

(Security NEXT - 2007/06/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

偽通販サイトが出没、正規サイトから画像や文章を盗用
東電会員サイトにPWリスト攻撃 - 新規会員登録の機能を悪用か
コンシューマー向けESET製品に新版 - キヤノンMJ
ハウスクリーニングのマッチングサイトに不正アクセス
日本シーサート協議会、オンラインカンファレンスを開催 - 未加盟でも参加可
ATMの取引情報を記録したCD-Rを紛失 - 北都銀
「Firefox 82」が登場 - 脆弱性7件に対応
「Chrome 86.0.4240.111」が公開 - 悪用済みのゼロデイ脆弱性を修正
英政府、ロシアによる東京五輪狙うサイバー攻撃を非難 - 米司法省は関係者を6人を訴追
「Java SE」のアップデートが公開、脆弱性8件を解消