Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NTT東、特定キーワード含むファイルを削除できるソリューション

NTT東日本は、個人情報や機密情報など特定のキーワードを含むファイルやファイル交換ソフトを検索し、削除できる「キーワード指定型ファイル検索削除ソリューション」の提供を7月2日より提供開始する。

同製品は、NTT情報流通プラットフォーム研究所の技術をもとに開発されたセキュリティソリューション。システム管理者などがキーワードを指定し、ソフトウェアをクライアントPCで起動するとキーワードを含んだファイルを検索、ファイルの有無を確認した上で削除できる。また、ファイル交換ソフトの削除にも対応している。

メールやサーバを通じて配布することが可能。複数のキーワードを設定でき、キーワードは暗号化されて保存される。さらに配布ソフトを実行すると実施証明書を自動生成され、実施の有無の確認が行えるほか、実施証明書による集計や未実施者に対する督促などを行うことができる。

(Security NEXT - 2007/06/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

顧客情報含むMOディスクが所在不明 - りそな銀
Linuxに脆弱性「BleedingTooth」が判明 - 近接環境からコード実行のおそれ
誤送付や紛失など個人情報の関連事故15件 - 大阪市
MS、月例パッチで脆弱性87件を修正 - 6件が公開済み
「Apache Tomcat」に情報漏洩の脆弱性 - 更新を
「Outlook」にRCE脆弱性 - プレビューだけで悪用のおそれ
Windowsに危険度高い脆弱性「Bad Neighbor」 - ワーム発生に要警戒
SAP、定例パッチをリリース - CVSS最高値の脆弱性を修正
「Adobe Flash Player」に深刻な脆弱性 - アップデートが公開
金融業界の横断的演習「Delta Wall V」を実施 - 金融庁