Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

全日空、システム障害を受け再発防止策を発表 - 人員を増加して監視体制を強化

全日空は、5月27日に発生したコンピュータシステムの障害により、一部国内線に欠航や遅延が発生した問題を受け、その原因と再発防止策を発表した。

問題となった障害は、5月27日未明に発生したもので、システム障害により発券業務などが停止し、130便が欠航、300便以上に遅延が生じた。原因はネットワークシステム内の国内旅客系ホストコンピュータと空港設置端末間に設置された通信機器の故障によるもので、通信が正常に行われず、空港内の端末が作動しない状態となった。

同社では再発防止策として、ネットワークシステム機器の交換、および人員増加によるシステム監視体制の強化を実施した。また、通信機器の障害を自動で検知し、正常な通信経路を確保するソフトの導入や、通信制御コンピュータの増強、障害発生時の緊急体制の見直しなども順次実施するとしている。

(Security NEXT - 2007/06/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

今度は「特別定額給付金」の「再給付」で誘惑 - 詐欺メールに注意
地方で「SECURITY ACTION制度」の紹介セミナー開催 - ライブ配信も
SonicWall製品のVPNに深刻な脆弱性 - 約80万台に影響か
「VMware Horizon」のクライアントにサービス拒否の脆弱性
Linuxに脆弱性「BleedingTooth」が判明 - 近接環境からコード実行のおそれ
専門学校生対象のコンテスト - テーマは「サイト運営会社向けセキュリティ教育」
「ドコモ口座」の不正チャージ、被害124件の補償を完了
個人情報含む国勢調査の関連書類を紛失 - 堺市
MS、定例外で2件のアップデートをリリース
2020年3Qのインシデント、前四半期比約1.2倍に - 探索行為やサイト改ざんが増加