Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NTT西日本、関係会社で顧客情報含むPC盗まれる - 盗難防止ワイヤーが切断

NTT西日本は、委託先であるNTT西日本-関西が事務所荒らしの被害に遭い、顧客情報43件を含むノートパソコンが盗まれたと発表した。

週明けとなる5月21日にNTT西日本-関西の従業員が出勤してみると、盗難防止用のワイヤーが切られ、何者かにパソコンを持ち去られたあとだったという。その後6月6日に警察へ盗難届を提出したが、12日時点ではまだ見つかっていない。

被害に遭ったパソコンには、個人顧客によるインターネット接続サービス受注情報14件や法人顧客の受注情報、提案書29件が保存されていた。氏名、住所、電話番号など個人情報が含まれており、法人顧客については回線構成図なども記録されていた。同社では関連する顧客に対して、個別に訪問して謝罪するとしている。

(Security NEXT - 2007/06/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「PAN-OS」脆弱性、攻撃条件を修正 - 一部緩和策が「効果なし」に
「PAN-OS」脆弱性の詳細や悪用コードが公開済み - 攻撃拡大のおそれ
Oracle、「Java SE」に関する脆弱性13件を修正
Oracle、四半期定例パッチを公開 - のべ441件の脆弱性に対応
メール誤送信で横断幕掲示応募者のメアド流出 - 飯塚オートレース場
WordPress向けプラグイン「InstaWP Connect」に脆弱性
Windows環境下の複数開発言語に脆弱性「BatBadBut」が判明
LINEヤフーに再度行政指導 - 報告受けるも対応や計画不十分
「Microsoft Edge」にアップデート - 「Chromium」の脆弱性修正を反映
小学校で保護者や教職員の口座番号含むUSBメモリを紛失 - 東村山市