Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MSの6月度セキュリティパッチは6件 - 深刻度「緊急」は4件

マイクロソフトは、6月に公開を予定しているセキュリティ更新プログラムの事前通知を公表した。深刻度「緊急」の脆弱性が4件、「重要」と「警告」がそれぞれ1件となっている。

従来は件数のみの発表だったが、今回より更新プログラムを効果的に適用できるよう、件数や影響を受けるソフトウェア、脆弱性の深刻度、検出ツールに関する情報の提供も開始した。

「緊急」とされる脆弱性は、WindowsやInternet Explorer、Outlook Express, Windows メールに関するもので、いずれもリモートでコードが実行されるおそれがある。またVisioに関する脆弱性も含まれ、深刻度は「重要」。これらセキュリティ更新プログラムの公開は、6月13日が予定されている。

マイクロソフト セキュリティ情報の事前通知 - 2007年6月
http://www.microsoft.com/japan/technet/security/bulletin/ms07-jun.mspx

マイクロソフト
http://www.microsoft.com/japan/

(Security NEXT - 2007/06/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

高等専門学校向けのセキュリティコンテストを11月に開催
東証障害、売買停止後も内部で約定発生 - マニュアル誤記載も
信用保証情報を含むファイルを誤送信 - 長崎県信用保証協会
「Emotet」に感染、送受信メールが流出した可能性 - 京セラ
顧客情報含む書類が車上荒らし被害に - 中部電力関係会社
今度は「特別定額給付金」の「再給付」で誘惑 - 詐欺メールに注意
地方で「SECURITY ACTION制度」の紹介セミナー開催 - ライブ配信も
SonicWall製品のVPNに深刻な脆弱性 - 約80万台に影響か
「VMware Horizon」のクライアントにサービス拒否の脆弱性
Linuxに脆弱性「BleedingTooth」が判明 - 近接環境からコード実行のおそれ