Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

約6万件の貯金口座情報を紛失 - JAくま

球磨地域農業協同組合(JAくま)は、個人や法人顧客の情報を記録したMOメディアを紛失したと発表した。

紛失したMOメディアには、個人、法人あわせて6万1392件の顧客情報が記載されていた。農林中央金庫熊本支店支店から球磨地域農業協同組合へ送付された際に所在がわからなくなったもので、5月11日に判明した。

個人顧客の場合、氏名や生年月日といった個人情報が含まれているほか、法人の場合は、名称や設立日などが記載されていた。いずれも電話番号や口座番号、貯金残高といった情報も含まれているという。

同組合では、顧客に対して個別に謝罪し、事情を説明する。また不正使用に関する問い合わせは確認されていないが、電話番号や口座情報が含まれていたことから、店頭の掲示や社告などを通じて二次被害への注意喚起を進めるとしている。

(Security NEXT - 2007/05/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

緊急事態宣言にともなうキャンセルメールで誤送信 - NEXCO東日本
新型コロナ陽性者の情報流出で対応窓口設置 - 福岡県
対象地域拡大する緊急事態宣言、テレワーク実施時はセキュ対策徹底を
Adobeがアップデートを公開 - 7製品に脆弱性
約1.6万人分の個人情報流出を確認、あらたな可能性も - カプコン
MS、2021年最初の月例セキュリティパッチを公開 - 一部で悪用も
「SKYSEA Client View」のインストーラに脆弱性 - 最新版の利用を
三越伊勢丹グループの「エムアイカード」装うフィッシングに注意
楽天モバ、従業員逮捕でコメント - 営業秘密利用は未確認
料金払込票を一時紛失、配送センター洗浄室で回収 - ミニストップ