Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

顧客情報155件含む書類が委託先で所在不明に - NTT西

NTT西日本は、配送業務の委託先において顧客情報が記載された口座振替依頼書や料金払込票控えなどが所在不明になっていると発表した。

所在不明となっているのは、口座振替依頼書31通と電話料金払込票控296通。振替依頼書には、顧客20名の氏名、住所、電話番号、金融機関名、口座番号、口座名義などが記載されていた。また払込票控には、顧客135名の氏名および請求金額が含まれる。

5月14日に料金の支払窓口となっている岐阜県の大垣共立銀行が西濃運輸へ配送を委託、NTT西日本へ書類を送付したが、グループ会社である昭和西濃運輸の鳥栖支店到着後、所在がわからなくなったという。

口座振替依頼書を紛失した顧客に対しては大垣共立銀が、電話料金払い込み控えを紛失した顧客についてはNTT西が個別に説明や謝罪など対応にあたるとしている。

(Security NEXT - 2007/05/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

カスペ、APT攻撃や制御システムの脅威情報サービス - 個別調査も対応
2020年4Qの脆弱性登録は1423件 - 前年同期の3分の1
セキュ運用連携サービスで蓄積したデータを研究用に提供 - NII
Pepperl+FuchsやComtrolの制御機器に脆弱性 - ファームウェアの更新を
事務所移転時に健診予約者情報含むPCを紛失
ルータなどで広く利用されるDNSに脆弱性「DNSpooq」が判明
「Chrome 88.0.4324.96」で36件のセキュ修正 - 深刻な脆弱性も
ATM7カ所で取引内容を記録したメディアが所在不明 - 島根銀
柿安本店の公式通販サイトに不正アクセス
「Emotet」相談、引き続き高い水準 - 偽脅迫メールは増加