Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

顧客情報155件含む書類が委託先で所在不明に - NTT西

NTT西日本は、配送業務の委託先において顧客情報が記載された口座振替依頼書や料金払込票控えなどが所在不明になっていると発表した。

所在不明となっているのは、口座振替依頼書31通と電話料金払込票控296通。振替依頼書には、顧客20名の氏名、住所、電話番号、金融機関名、口座番号、口座名義などが記載されていた。また払込票控には、顧客135名の氏名および請求金額が含まれる。

5月14日に料金の支払窓口となっている岐阜県の大垣共立銀行が西濃運輸へ配送を委託、NTT西日本へ書類を送付したが、グループ会社である昭和西濃運輸の鳥栖支店到着後、所在がわからなくなったという。

口座振替依頼書を紛失した顧客に対しては大垣共立銀が、電話料金払い込み控えを紛失した顧客についてはNTT西が個別に説明や謝罪など対応にあたるとしている。

(Security NEXT - 2007/05/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

MS、5月の月例パッチで脆弱性55件を修正 - 3件が公開済み
「OCカード」の利用者狙うフィッシング攻撃が発生
「EC-CUBE」の無償診断サービスが緊急脆弱性に対応 - 痕跡調査も
ジオコードの企業サイトが改ざん被害 - 顧客情報流出は否定
配送伝票に他人の氏名、作業工程でデータにずれ - B.LEAGUE
「Citrix Workspace App」に権限昇格の脆弱性 - アップデートを公開
Adobe、13製品向けにセキュリティアップデートを公開
「Adobe Experience Manager」に深刻な脆弱性
「Adobe Experience Manager」に6件の脆弱性 - 修正版が公開
eコマースプラットフォーム「Magento」にセキュリティアップデート