Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

役員PCから顧客情報191件などがShare流出 - 和歌山の不動産仲介会社

和歌山県海南市で不動産事業を展開するホームズは、役員のパソコンがウイルスに感染し、顧客や社員の個人情報がShareを介してネット上に流出していたと発表した。

同社が管理する物件の入居者の個人情報が流出したもので、5月14日に流出が判明した。氏名、建物名、電話番号など191名分が含まれる。さらに従業員30名の名簿や給与明細なども合わせて流出した。

同役員は、社内規定に違反してデータを個人所有のパソコンに保存していたという。同社では、関連する顧客に対し説明と謝罪を実施した。また、関係役員の厳正な処分を検討するとしている。

(Security NEXT - 2007/05/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Drupalにアップデート、ライブラリの脆弱性へ対処
防衛省、セキュ人材発掘を目的にオンラインCTFを開催
2021年のサイバー月間は「ラブライブ!」とコラボ - ツール公開やイベントを予定
NECの複数ルータ製品に脆弱性 - アップデートがリリース
メール誤送信でファンクラブ会員のメアド流出 - 奈良クラブ
問合返信メールに個人情報を誤添付 - FX事業者
2020年4Qのインシデントは1割減 - マルウェアサイトは倍増
2020年4Qの脆弱性届け出は303件 - ソフト、サイトともに増
キャンペーン登録者の個人情報が閲覧できる状態に - カゴメ
従業員が顧客情報を悪用、カードローンに申込 - DeNA