Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

福岡県嘉麻市住民の個人情報がファイル交換ソフトで流出 - 業務委託先から

福岡県嘉麻市の業務委託先から住民の個人情報がファイル交換ソフト「Winny」を通じてインターネット上へ流出したことがわかった。

流出が判明しているのは、2006年3月に同市へ合併した旧山田市の軽自動車税に関する情報で、氏名や住所、生年月日のほか、車種、車体番号など14件。また、氏名などは含まれないが、個人番号や車名、車体番号、年式、登録年月日など含むデータについては、2004年から2006年までの22492件や異動履歴5463件なども流出した。

市町合併を行う際に業務を委託した麻生情報システムから流出したもので、総務省の指摘により判明。従業員が自宅作業のためデータを持ち出し、自宅パソコン内にインストールされていたWinnyを通じて漏洩した。同市では、二次被害が発生を防止するため、対応を進めているという。

(Security NEXT - 2007/05/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

東京女子大ウェブショップで個人情報流出の可能性
北朝鮮グループ「Lazarus」が悪用する10種類のツール
ファイルサーバに不正アクセス、データ流出か - 丸紅グループ会社
メールアカウントに不正アクセス、スパム踏み台に - 静岡病院
保健所で新型コロナ接触者情報が流出 - 岐阜県
医療機関向けデータ管理システムの旧版に深刻な脆弱性
Chrome機能拡張の開発者をFacebookが告訴 - 個人情報収集で
SonicWall製セキュリティアプライアンスに脆弱性
新型コロナ拡大防止協力金申請者情報が流出 - 神奈川県
核物質使用者宛のメールで送信ミス、核防護情報は含まず - 原子力規制委