Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ゴールデンウィークにWinny利用が活発化 - 2006年4月以降で最高値

ゴールデンウィーク期間のWinnyノード数が増加傾向にあったことがわかった。1日あたり53万台を超えた日も2日観測され、2006年度以降最高の数値だという。

ファイル交換ソフト対策ソリューションなどを展開するネットエージェントの調査により判明したもの。同社では2006年4月から観測を開始しており、昨年夏ごろから減少傾向だったが、今回のゴールデンウィークに最大値を記録したという。

同社のWinny検知システムによる調査によれば、ゴールデンウィーク前半では4月28日から30日までは、29日が45万と若干少ないものの、28日と30日は53万台を突破するなど活発だった。後半は落ち着きを見せ、5月3日から6日にかけても35万台から40万台で推移したという。

(Security NEXT - 2007/05/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

新コロ感染者情報、職員個人メアド宛の送信でミス - 和歌山市
健康状態など緊急患者の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 江戸川病院
植物園サイトに不正アクセス、スパム送信の踏み台に - 藤沢市
Drupalにアップデート、ライブラリの脆弱性へ対処
防衛省、セキュ人材発掘を目的にオンラインCTFを開催
2021年のサイバー月間は「ラブライブ!」とコラボ - ツール公開やイベントを予定
NECの複数ルータ製品に脆弱性 - アップデートがリリース
メール誤送信でファンクラブ会員のメアド流出 - 奈良クラブ
問合返信メールに個人情報を誤添付 - FX事業者
2020年4Qのインシデントは1割減 - マルウェアサイトは倍増