Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ゴールデンウィークにWinny利用が活発化 - 2006年4月以降で最高値

ゴールデンウィーク期間のWinnyノード数が増加傾向にあったことがわかった。1日あたり53万台を超えた日も2日観測され、2006年度以降最高の数値だという。

ファイル交換ソフト対策ソリューションなどを展開するネットエージェントの調査により判明したもの。同社では2006年4月から観測を開始しており、昨年夏ごろから減少傾向だったが、今回のゴールデンウィークに最大値を記録したという。

同社のWinny検知システムによる調査によれば、ゴールデンウィーク前半では4月28日から30日までは、29日が45万と若干少ないものの、28日と30日は53万台を突破するなど活発だった。後半は落ち着きを見せ、5月3日から6日にかけても35万台から40万台で推移したという。

(Security NEXT - 2007/05/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

政府、行政機関のLINE利用でガイドライン
鹿児島銀のネットバンク装うフィッシング攻撃 - 乱数表も詐取
政府18機関でLINEを業務利用 - 11機関で機密情報も
都、都内中小企業のセキュ対策経費に助成金 - VPNも対象
「Firefox」にセキュリティ更新 - Android版のみ影響する深刻な脆弱性も
「Samba」にサービス拒否や共有ファイルを削除される脆弱性
VPN製品「Pulse Connect Secure」にアップデート - ゼロデイ脆弱性など修正
セキュリティリリース「PHP 7.4.18」「同7.3.28」が公開
金融機関向けASPサービスに不正アクセス - トレードワークス
「BIND 9」に3件の脆弱性 - RCEやDoS攻撃のおそれ