Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

関係者のメールアドレス163件が流出 - 総務省

総務省は、一部政策の関係者に対してメールを送信する際、操作ミスにより他受信者のメールアドレスが流出したと発表した。

情報通信政策局技術政策課が、5月8日に戦略的情報通信研究開発推進制度の関係者へメールを送信した際に事故が発生したもの。受信者163名のメールアドレスが関係ない他の受信者にも確認できる状態になった。同省では関係者に謝罪し、問題のメールについて削除を依頼したという。

(Security NEXT - 2007/05/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

RTOS「Zephyr」のBLEスタックに8件の脆弱性
複数のOSSメッセージブローカーにサービス拒否の脆弱性
2021年1Qのダークネット宛パケット、前月から約1割減
保険契約者の個人情報含む資料を紛失 - 日生グループの保険代理店
認証サーバ内に個人情報を保存しない顔認証ソリューションが機能強化
音楽配信サービス「Spotify」のフィッシング攻撃が発生中
生徒から回収した同窓会登録用紙が所在不明に - 大阪府立高
不正アクセスで会員情報が流出、ダークウェブに - 群馬県民会館
2020年のフィッシング、3分の2が「HTTPS」対応 - 12月には半数超に
マラソン大会参加者への連絡でメアド流出 - 寒河江市