Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

学生や卒業生の個人情報1026件含むUSBメモリが盗難に - 福岡女学院大学

福岡女学院大学の教員が4月25日に車上荒らしに遭い、在学生や卒業生の個人情報1026件が保存されたUSBメモリが何者かに盗まれたことがわかった。

被害に遭ったメモリには、同教員が2004年度から2007年度に担当した一部学生の個人情報1026件が保存されていた。そのうち117名は、氏名、携帯電話番号、メールアドレス、成績情報が含まれる。残り909名に関しては、氏名、学籍番号、成績情報のみだという。発生後、警察へ被害届を提出した。

同大学では、携帯電話番号などが流出した117名に対し事実説明と謝罪を行った。さらに個人情報保護委員会を設置して、今後の対応にあたるとしている。

(Security NEXT - 2007/05/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2020年4Qのインシデントは1割減 - マルウェアサイトは倍増
2020年4Qの脆弱性届け出は303件 - ソフト、サイトともに増
キャンペーン登録者の個人情報が閲覧できる状態に - カゴメ
従業員が顧客情報を悪用、カードローンに申込 - DeNA
カスペ、APT攻撃や制御システムの脅威情報サービス - 個別調査も対応
2020年4Qの脆弱性登録は1423件 - 前年同期の3分の1
セキュ運用連携サービスで蓄積したデータを研究用に提供 - NII
Pepperl+FuchsやComtrolの制御機器に脆弱性 - ファームウェアの更新を
事務所移転時に健診予約者情報含むPCを紛失
ルータなどで広く利用されるDNSに脆弱性「DNSpooq」が判明