Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

案内メール誤送信でアドレス354件を流出 - コンサルティング会社

ワイキューブは、4月17日にセミナーの案内メールを送信した際、誤って受信者354名のアドレスが表示された状態で送ったと発表した。

誤送信が発生したのは、「組織改革に関する特別セミナーのご案内」メール。宛先を誤って「CC」設定に設定し送付したため、受信者354名分のアドレスが表示された状態で送信された。誤送信の判明後、経済産業省や日本情報処理開発協会へ報告、該当する顧客に対し報告と謝罪のメールを送り、誤送信メールの削除を依頼した。

支社独自で別途顧客情報を作成し使用していたもので、メール配信システムで送信するという社内規定が守られていなかったという。今後は社内規定の厳守を再徹底するとしている。

(Security NEXT - 2007/04/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「vBulletin」の脆弱性狙う攻撃、8月から断続的に発生
IoT検索エンジン「Karma」にリスクの可視化機能
不正プロダクトキー販売、不正競争防止法違反で送検
サプライチェーンのセキュ対策評価サービスを提供 - ラックら
問合メールが流出、製品開発の委託先で - クオリティア
「マンション・ラボ」に不正アクセス - 記事ページが改ざん被害
高等専門学校向けのセキュリティコンテストを11月に開催
東証障害、売買停止後も内部で約定発生 - マニュアル誤記載も
信用保証情報を含むファイルを誤送信 - 長崎県信用保証協会
「Emotet」に感染、送受信メールが流出した可能性 - 京セラ