Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

案内メール誤送信でアドレス354件を流出 - コンサルティング会社

ワイキューブは、4月17日にセミナーの案内メールを送信した際、誤って受信者354名のアドレスが表示された状態で送ったと発表した。

誤送信が発生したのは、「組織改革に関する特別セミナーのご案内」メール。宛先を誤って「CC」設定に設定し送付したため、受信者354名分のアドレスが表示された状態で送信された。誤送信の判明後、経済産業省や日本情報処理開発協会へ報告、該当する顧客に対し報告と謝罪のメールを送り、誤送信メールの削除を依頼した。

支社独自で別途顧客情報を作成し使用していたもので、メール配信システムで送信するという社内規定が守られていなかったという。今後は社内規定の厳守を再徹底するとしている。

(Security NEXT - 2007/04/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

海外グループ会社のサーバが外部と不正通信 - オリンパス
「EC-CUBE」の一覧画面をカスタマイズするプラグインに脆弱性
画像処理ソフト「Ghostscript」にRCE脆弱性 - パッチの適用を
4割が親のインターネット利用に不安 - 詐欺メールに懸念
2021年上半期の不正送金は376件 - 半数以上がOTP利用も被害
LINEのQRコードログインに2要素認証バイパスの脆弱性 - 悪用被害も
東京都シルバーパス購入申込書を誤廃棄 - 小田急バス
イベント参加者情報含む名簿を一時紛失 - トヨタツーリスト
転送ミスで支援センター利用者のメールアドレスなど流出 - 西東京商工会
メルアカに不正アクセス、スパム送信の踏み台に - 神戸海星女子学院大