Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ゴールデンウィークに向けてセキュリティ対策の確認を

情報処理推進機構やJPCERTコーディネーションセンターは、まもなく迎えるゴールデンウィークに向けてセキュリティ対策のチェックを呼びかけている。

システム管理者に対しては、ファイアウォールやIPSの設定、修正プログラムの適用、データのバックアップなど日ごろ必要とされる対策はもちろん、緊急事態の連絡体制の確認や不要なサービスの停止、データの持ち出し管理などについて注意を促している。

また休暇中には、あらたに脆弱性が発見されたり、持ち出したPCへのウイルス感染するケースもあることから、休暇明けの対策についても注意してほしいと訴えている。

システム管理者以外の企業ユーザーや個人ユーザーについても、OSやアプリケーションへのパッチ適用によるセキュリティホールの解消や最新ウイルス対策ソフトの利用、データのバックアップなど安全な休暇を過ごしてほしいと呼びかけている。

(Security NEXT - 2007/04/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ウェブアプリや周辺インフラにも対応する脆弱性診断サービス
「JSAC2022」を2022年1月に開催、2日間に拡大 - CFPもスタート
「vCenter Server」脆弱性、実証コード公開済み - 5月28日ごろより探索も
2017年に不正アクセス、日本語脅迫メール届き情報流出が発覚 - ユピテル
「Adobe Acrobat/Reader」に深刻な脆弱性 - アップデートがリリース
複数のOSSメッセージブローカーにサービス拒否の脆弱性
サーバやPCがランサム被害、多くの稼働機器に痕跡 - 油脂など扱う商社
公演中止の案内メールでメールアドレスが流出 - 掛川市文化財団
「Chrome 91.0.4472.101」が公開 - ゼロデイ脆弱性に対応
欧州子会社5社のランサム被害、2社では情報流出なし - 東芝テック