Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

誤送信で携帯サイト利用者のメールアドレス58件が流出 - バンダイナムコゲームス

バンダイナムコゲームスは、同社携帯電話向けサイトの懸賞当選メールを4月16日に送信した際、プログラムミスにより、当選者のメールアドレス58件が表示された状態で送られたと発表した。

誤送信が発生したのは、同社が運営するiモード向けサイト「ナムコiランド」において実施された「のろいちゃんプレゼントキャンペーン」の当選メール。当選者81名に送信したが、プログラムミスによりそのうちの58名に対し同じ内容のメールを再送信してしまったという。またその際にメールアドレスを宛先に設定したため、他の受信者が確認できる状態となった。

同社では誤送信の対象者に対し、謝罪するとともにメールの削除を依頼した。再発防止のため、今後はメール送信前の複数チェックを徹底するという。

(Security NEXT - 2007/04/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

フィッシング報告数が過去最多 - 上位5ブランドで8割超
MTAの「Exim」に21件の脆弱性 - 最新版へ更新を
2009年以降のDell製端末のドライバに脆弱性 - アップデートが順次公開、未提供の場合も削除を
政府、約8年ぶりにIT-BCPガイドラインを改訂 - 新型コロナ踏まえた内容も
VR空間プラットフォーム「Hubs Cloud」に認証情報流出のおそれ
政府、行政機関のLINE利用でガイドライン
鹿児島銀のネットバンク装うフィッシング攻撃 - 乱数表も詐取
政府18機関でLINEを業務利用 - 11機関で機密情報も
都、都内中小企業のセキュ対策経費に助成金 - VPNも対象
「Firefox」にセキュリティ更新 - Android版のみ影響する深刻な脆弱性も