Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

誤送信で携帯サイト利用者のメールアドレス58件が流出 - バンダイナムコゲームス

バンダイナムコゲームスは、同社携帯電話向けサイトの懸賞当選メールを4月16日に送信した際、プログラムミスにより、当選者のメールアドレス58件が表示された状態で送られたと発表した。

誤送信が発生したのは、同社が運営するiモード向けサイト「ナムコiランド」において実施された「のろいちゃんプレゼントキャンペーン」の当選メール。当選者81名に送信したが、プログラムミスによりそのうちの58名に対し同じ内容のメールを再送信してしまったという。またその際にメールアドレスを宛先に設定したため、他の受信者が確認できる状態となった。

同社では誤送信の対象者に対し、謝罪するとともにメールの削除を依頼した。再発防止のため、今後はメール送信前の複数チェックを徹底するという。

(Security NEXT - 2007/04/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

三菱電機にサイバー攻撃 - 子会社複数顧客の関連データが流出
広く活用されるnpmパッケージ「UAParser.js」にマルウェア混入
複数言語向けの「HTMサニタイザ」に脆弱性 - XSSのおそれ
Adobeの画像や動画編集ソフトなど14製品に深刻な脆弱性
職員採用試験合格通知メールを不合格者に誤送信 - 長野県
中小企業におけるセキュリティ対策の実態調査を実施 - IPA
「LIQUID eKYC」、「収入証明書」や「健康診断書」の撮影に対応
共同研究契約書を異なる企業へ誤送信 - 都立大
「Go」のWASMにバッファオーバーフローのおそれ
Apple、「macOS」や「iOS」の脆弱性を修正 - 詳細は近日公開