Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

沖縄電力、地権者の個人情報917件保存したUSBメモリを紛失

沖縄電力は、業務委託先において土地賃貸契約における地権者の個人情報を紛失したことを明らかにした。

3月27日に発覚したもので、同社が土地賃貸契約を締結した地権者やこれから交渉を計画する地権者の個人情報を記録したUSBメモリを紛失したもの。氏名や住所、賃貸契約の土地関連情報、交渉内容など917件の個人情報が保存されていた。

同社では、3月1日に業務先従業員へ預託し、そのまま社内へ持ち帰ったが、担当者に手渡しせず机に置いていたところ所在がわからなくなったという。同社では関係者に対して電話による謝罪を実施。謝罪状の送付なども実施するとしている。

今後はデータ授受について回数を減らした上で直接受け渡しを実施するほか、担当者の明確化、パスワード設定による第三者の閲覧の防止といった対策を実施する計画。またUSBではなくネットワーク経由のデータ授受へ変更する予定。

(Security NEXT - 2007/04/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

日之出出版の通販サイト2サイトが不正アクセス被害 - 指摘は約1年前
クラウド型のウェブ閲覧環境分離サービス - 高リスクサイトだけの利用も
一部データが暗号化、個人情報流出の痕跡は見つからず - 日産証券
オンライン会議の招待準備で傍聴希望者のメアドが流出 - 消費者庁
11製品にセキュリティアップデート、深刻な脆弱性も - Adobe
JA高崎ハムの通信販売サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
予約サイト「EPARK」で別会員情報を誤表示 - キャッシュ処理で不具合
ログイン情報だまし取る「偽メルカリ」に注意 - メルペイ決済で悪用被害も
サーバが攻撃の踏み台に、CMS導入ファイル狙われる - 茨大工学部同窓会
複数のOSSメッセージブローカーにサービス拒否の脆弱性