Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

りそな銀ら、ICカードを利用する貸金庫を開発 - 東京ミッドタウンで運用開始

りそな銀行、NTTデータ、イトーキの3社は、生体認証ICキャッシュカードを鍵として利用する全自動型貸金庫を開発した。りそな銀行では、東京ミッドタウン支店で同金庫の運用を開始する。

今回開発された貸金庫は、同行がATM向けに発行している生体認証ICカードとダイアルキーを利用するもの。従来の物理鍵は利用せず、貸金庫専用ICカードを発行することで代理人の利用も可能となっている。

また小型のため、撤去や移設、増設が容易に行えるという。開発にあたっては、りそな銀行が企画、発案を行い、イトーキの小型全自動貸金庫をベースに、システムの構築をNTTデータが担当した。

(Security NEXT - 2007/04/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

国勢調査の「回答状況確認表」を紛失 - 世田谷区
メルアカに不正アクセス、スパム送信の踏み台に - グッドライフカンパニー
端末36台が「Emotet」感染 - 三協フロンテア
「ドコモ口座」の不正チャージ被害、ひとまず補償を完了
介護保険被保険者の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 播磨町
次世代セキュリティ製品の検知回避を狙う「Emotet」
2020年3Qの標的型攻撃メールは9件 - 不審メールの情報提供は15倍、大半「Emotet」
個人情報含む国勢調査関係書類を紛失 - 堺市
イエラエ、Orca製パブクラセキュ管理サービスを開始 - コンテナやサーバレスにも対応
郵便物差出票に個人情報含む用紙を再利用 - 大阪市